ホーム > コラム >  手,手の血管,手の甲の浮き出た血管,しわ,水仕事:水仕事でできる手のしわの対策法

水仕事でできる手のしわの対策法

水仕事でできる手のしわの対策法

日々料理をしたり、食器を洗ったり、お風呂掃除をしたりと毎日のように水仕事をされている女性は多いです。
水仕事をやればやるほど、手のしわがひどくなり見た目が美しくなくなってしまうことにお悩みの方も少なくありません。
なぜ、水仕事をしていると手のしわがひどくなってしまうのでしょうか。

今回はその原因と対策法をご紹介します。


水仕事で手のしわができる理由

手が水で濡れることよりも、その水分をきちんと拭き取らないことで手の老化が早まってしまいます。
その理由としては、水で手が濡れたままだと水分が蒸発する際に手のうるおいまでを奪っていってしまうため。

うるおいで満ちていた角質層がしぼんでしまうことで、皮膚に凹みが生まれしわとなってしまうのです。




水仕事で手にしわを生じさせないために

 きちんと手を拭く
水仕事やトイレ後の手洗いの際は、タオルで丁寧に水分を取り除いてあげましょう。
吸水性の良いタオルや、手触りの良いタオルだと手への負担を減らすことができます。
また、指と指の間や指先までしっかりと拭くようにしてください。

 お湯を使わない
冷たい水を使うのがツライ季節はお湯で水仕事をすることもあるでしょう。
しかし、お湯の温度によっては皮脂が流れ出てしまう恐れがあり、それにより手のしわができやすくなってしまうのです。
お湯を使いたいときは35℃前後ぬるま湯がおすすめです。

 ゴム製の手袋などを使用する
水そのものだけでなく、食器やバスタブを洗う洗剤にも注意が必要です。
洗剤には、皮脂膜を取り除いたり角質を乾燥させたりする強いパワーがあるため、直接手に触れることで手の老化が早まってしまいます。
ゴム手袋などを身につけるクセをつければ、水と洗剤両方のダメージから手を守ることができます。

 化粧水+ハンドクリームによるケア
直接ハンドクリームを塗るのではなく、手にうるおいを与えてくれる化粧水で水分を補ってからハンドクリームを塗るようにしましょう。
ハンドクリームは手のうるおいをキープする役割があってもうるおいを与えるパワーがないものがほとんど。

そのため、化粧水で水分を与えることが欠かせません。
理想としては、手を拭くたびに化粧水+ハンドクリームによるケアをおこなうこと。
大変な場合は、夜寝る前におこなうことから始めてみましょう。

手のトータルケアをおこないたい方はハンドベインがおすすめ

手のトータルケアをおこないたい方はハンドベインがおすすめ

若々しい手を手に入れたい場合は、上記のようなケア方法では対処しきれない場合があります。
そのときは、アンディーズクリニックでのハンドベイン(手の甲の浮出た血管硬化療法)による施術がおすすめです。

詳しくはココ
http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html

手に血管が浮き出ている様子は、年齢を感じさせる原因のひとつ。
老化によって血管に弾力がなくなると手足の血管が目立つようになるのです。

アンディーズクリニックの治療法は注射のみなので施術時間が短いですし、痛みや腫れといった心配もありません。
さらに、ダウンタイムもないので治療によって日々の生活に支障をきたさないのも嬉しいポイントです。
治療後は、「抗酸化、抗糖化ハンドクリーム・ハンドキュア」によるアフターケアもおこなうため効果を確実なものにすることができます。

人の目につきやすい手は、年齢を重ねてもキレイに保ちたい部位のひとつ。
年齢を理由に諦めることなく、うるおいのある手を手に入れてみませんか。




PAGE TOP