ホーム > コラム > 顎,細く,小顔,顔を小さく,骨格,輪郭整形,エラ削り,頬骨削り,顎削り,エラ,手術 :張っているエラは髪型で隠す? 整形手術「エラ削り」で治す?

張っているエラは髪型で隠す? 整形手術「エラ削り」で治す?

張っているエラは髪型で隠す? 整形手術「エラ削り」で治す?

顔を大きく見せてしまう要因のひとつが、張ってしまっているエラです。ときに、男性らしい印象さえ与えてしまうエラにお悩みの方は多いです。
女性らしい可愛らしさを手に入れるには、エラを上手にカバーする必要があるといえます。

そこで今回は、張っているエラをカバーしてくれるヘアスタイルをご紹介しつつ、おすすめの整形手術「エラ削り」をご紹介します。


張っているエラをカバーしてくれるヘアスタイル

張っているエラをカバーしてくれるヘアスタイル

エラが張っていると、顔の横幅や平面的な顔立ちに見えてしまうのが気になるでしょう。その場合は、ヘアスタイルでボリュームを出して、縦のラインを強調するのがおすすめです。 ●ショートヘア
横幅が気になるため、前髪は直線的なカットの「ぱっつん前髪」ではなく、斜めに流すスタイルが良いでしょう。
ふんわりと前髪を降ろすことで、女性らしさが加わります。

また、トップや後頭部付近にボリュームを持たせつつ、顔をやさしく包み込むカットにすることで、縦長効果&立体感がプラスされます。
毛先をふんわりと巻くことで可愛らしさも生まれ、気になるエラを自然とカバーすることが可能です。

●ミディアムヘア
ミディアムヘアを楽しむ際は、ひし形のシルエットを意識することが大切です。
耳の部分にボリュームを出すことで、張っているエラがスッキリと見えるようになります。
ウェーブをかける際は、毛先にボリュームが出ないようにすることが大切。
ふんわりとした髪はフェイスラインをぼかしてくれますし、女性らしさを演出してくれます。
ウェーブをかけたくない場合は、縦長効果を狙いシャープにまとめるのがおすすめです。 ●ロング
ロングの場合は、髪の長さを活かして縦長効果を狙うのが良いでしょう。
髪全体にウェーブをかけない場合は、毛先だけでも内巻きにすることで印象が柔らかくなりますし、エラも目立たなくなります。

前髪を大人っぽいセンターパートにするときは、エラの部分まで長さがあるとベスト。
縦巻きパーマをすれば、視線を自然とそらさせてエラを隠すことができます。




張っているエラは整形手術「エラ削り」で取り除くのもあり

ヘアスタイルを工夫することで上手にエラを隠すこともできますが、エラを隠すためだけのヘアスタイルになってしまい日々の髪型を楽しめなくなる恐れもあります。

自由なヘアスタイルを楽しむには、整形手術「エラ削り」で張っているエラを削るのがおすすめです。
「エラ削り」なら入院の必要がなく、手術痕も目立ちにくいのも大きなメリットといえるでしょう。

これから先、長い年月を張っているエラに悩み続けるより、その悩み自体を整形手術「エラ削り」でエラを取り除いてしまってみてはいかがでしょうか。
それにより、ファッションを楽しめるようになりますし、自分に自信を持てるようになることで人生も変わるでしょう。

アンディーズクリニックでは「エラ削り」の他に「顎削り」や「頬骨削り」などもおこなっております。
「顎削り」では、長さや大きさが気になる顎を削りバランスを整える手術方法です。
「頬骨削り」は、横や前に張った頬骨を削りスッキリとした顔立ちにすることができます。
「エラ削り」や「顎削り」、「頬骨削り」という言葉に「敷居が高い」と感じる方は多くいますが、これらは一度の施術で半永久的な効果が手に入ります。
さらに、「エラ削り」「顎削り」「頬骨削り」の手術前にはさまざま検査をおこないますし、削るラインのデザインを入念に考えるため、安心感が違います。

「エラ削り」「顎削り」「頬骨削り」の施術で、新しい自分と出会ってみてはいかがでしょうか。

エラ削りに関する詳細はこちら





PAGE TOP