ホーム > コラム > エラ,手術,骨格,輪郭整形,エラ削り,頬骨削り,顎削り,エラ,手術 :エラの美容整形手術「エラ削り」のメリット3つと医師の選び方

エラの美容整形手術「エラ削り」のメリット3つと医師の選び方

エラの美容整形手術「エラ削り」のメリット3つと医師の選び方

エラの張りを解消する方法のひとつに「エラ削り」があります。
美容整形手術で、張っているエラを削ると小顔効果やスッキリとした印象が得られるのです。

ただ、なかには「プチ整形以外は怖い」といった思い込みから、美容整形手術自体に目を向けない方もいらっしゃいます。
そこで今回は、美容整形手術のエラ削りにはどのようなメリットがあるのか、満足のゆく仕上がりにするためには医師をどのように選ぶべきかをご紹介します。


美容整形手術「エラ削り」のメリット3つ

1. 永久的な効果が期待できる
美容整形手術の大きなメリットとなるのが、一度の手術で永久的な効果が期待できる点です。
プチ整形では効果が限定的なため、状態を持続させるには何度もクリニックに通う必要があります。
しかし、美容整形手術で骨を一度削ってしまえば、一生に渡ってエラに悩む必要がなくなります。

2. 横顔もスッキリとした見た目になる
プチ整形手術のボトックス注射では、正面から見たときの印象はシャープになりますが横から見たときのエラの張りまでを改善することは難しいです。
その点、エラ削りなら骨自体を大きく削るため、横からの見た目も大きく変えることが可能です。

3. 周囲からもバレにくい
エラ削りは、手術の傷が目立ちにくく仕上がりが自然なため周囲からバレにくいというメリットもあります。
骨を削っても筋肉や皮下脂肪、皮膚などがカバーしてくれるため、見た目に不自然さが現れにくいのです。

大きく印象を変えられるうえに、仕上がりが自然なため周囲から違和感を覚えられにくいのは大きなポイントとなるでしょう。




医師の選び方で美容整形手術「エラ削り」の満足度は変わる

医師の選び方で美容整形手術「エラ削り」の満足度は変わる

満足のゆく仕上がりにするには、医師の選び方が重要です。
未熟な技量の医師を選んでしまうと、仕上がりに満足できないだけでなく、たるみや麻痺が起きたり、変化が感じられない、といった状態になりかねません。

症例数をチェック
医師を選ぶ際は病院のネームバリューで決めるのではなく、まずはエラ削りに関する症例数の多さをチェックするようにしましょう。
症例数は技術力を判断するうえで大きな指標となります。
熟練した技術を持つ医師なら手術時間も短くて済みますし、トラブルが起こった際の対処法も身についているので安心です。

仕上がりの特徴を把握
病院のホームページでは、エラの手術症例を公開しているところも多いです。
医師によって仕上がりには特徴が出るため、「大きく変化させるのが上手な先生」なのか「見た目の自然さを優先する先生」なのかを症例から見極めることが大切です。
自分がどんな変化を望んでいるのか、その要望に応えてくれそうなのかをあらかじめ確認すると良いでしょう。

医師との相性の良さを確認
熟練した技術を持つ医師であっても、コミュニケーションに不安があったり、相性が悪かったりしては仕上がりに満足できなくなる恐れがあります。
きちんとこちらの要望を聞いてくれるか、不安や疑問点を解消してくれるかなど、カウンセリングで自分との相性を確認するようにしてください。

エラ削りの成功は、医師選びにかかっているといっても過言ではありません。
症例数や技術力とともに信頼できる医師かどうかまでを見極めたうえで、エラ削りの手術を依頼するようにしましょう。

エラ削りに関する詳細はこちら





PAGE TOP