ホーム > コラム > コロイドヨード:コロイドヨード療法について

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは「コロイドヨード療法に関する臨床研究(観察研究)」について、一般社団法人日本臨床研究安全評価機構倫理審査委員会(AMED:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 / 厚生労働省・文部科学省 研究倫理審査委員会報告システム登録IRB番号18000005)において、承認(管理番号20180828-01)を受けております。

コロイドヨード療法について

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、手の甲の浮き出た血管(ハンドベイン)硬化療法、メソセラピー脂肪溶解注射専門クリニックです。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法のほかに、エクソソーム・核酸療法の勉強を行っているクリニックです。

今回は、コロイドヨード療法について、よく聞かれる質問に回答します。

コロイドヨード療法Q&A

Q1:多くの方が、1日30ml、2時間おきで8回の内服をしています。内服量を多くすれば早く治りますか?
A1:身体が利用できるコロイドヨードの量は、決まっています。多く服用したところで、無駄になってしまいます。「1日30ml、2時間おきで8回」がMAXと考えてください。

Q2:コロイドヨード療法の効果が現れるのは、平均どのくらいでしょうか?
A2:コロイドヨードの効果は早い人で、自覚症状として2~3日です。もちろん個人差はあります。多くの場合、1ヶ月で何らかの変化を感じ取れると思います。血液データ、画像診断による変化は最低1ヶ月と思われます。 治療をスタートして3ヶ月で改善が見られない場合は、残念ながら効果はないものと考えられます。

Q3:コロイドヨード療法が特に強いがん、あるいは弱いがんはありますか?
A3:一般的に述べるのは非常に難しいことですが、胃がん、肝臓がんなどに強いです。また、肺がん(特に腺がん)は最近、著効例が出てきています。膵臓がん、胆嚢・胆管がんは、劇的な効果を得たケースはあるものの、依然として難しいがんであることに変わりはありません。また、乳がんは前述のとおり、ケースバイケースであり、治療効果の差が激しいのが現状です。

Q4:コロイドヨードの味はどのようなものですか?誰でも飲めますか?
A4:美味しいとはいえません。渋いというか苦いというのが正しいでしょうか。抗がん剤治療の副作用で、味覚が変化している患者さんには、問題なく飲めるようです。今まで、飲めなかった人はいませんでした。飲みにくい場合は、水で薄めることをお勧めしています。水道水は、塩素が入っているためヨードと反応してしまい、ヨードの効果を弱めてしまいます。ヨード服用後、味のついたものを飲みたい場合は、最低5分ほど時間をあけてから飲むことをお勧めします。

Q5:抗がん剤などの病院の治療と、サプリメントとの併用はできますか?
A5:コロイドヨードは、他の治療法の邪魔をするものではありません。サプリメントも特に問題ないと考えています。

Q6:コロイドヨード療法は、一生続けるのですか?
A6:そんなことはありません。がんが治ったらやめてよいです。ただし、がんになる前の生活を見直し、改善できる点は改善しましょう。 また、再発の可能性がないわけではありません。定期的に検査を受けるようにしてください。

Q7:コロイドヨード療法、温熱療法、オゾン療法、フコイダン療法などを組み合わせることも多いようですが、併用すると効果が出るのは、どのような場合ですか?
A7:各療法とも、がんを攻撃する作用機序が異なります。どうしなければいけないということは一切ありません。患者さんとの相談で、納得できる治療法を決定したいと思います。

Q8:コロイドヨード療法が、できないケースはありますか?
A8:ヨードは甲状腺に取り込まれるため、甲状腺機能に異常がある場合は、慎重に使わなくてはなりません。甲状腺機能を正常化させる治療が優先されます。
 


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP