ホーム > 新着情報 > コラム:膝の痛みには肥満が関係していた!全身痩身・部分痩身は医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックの脂肪溶解メソセラピー。膝の改善とは。

膝の痛みには肥満が関係していた!全身痩身・部分痩身は医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックの脂肪溶解メソセラピー。膝の改善とは。



医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、手の甲の浮き出た血管(ハンドベイン)硬化療法とメソセラピー脂肪溶解注射の専門クリニックです。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。血管の浮き出ることに悩む女性は増えています。中には、手の甲の血管は、浮き出る子尾は一番多い。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。最近は、がん検査、がん治療、がん予防、末期がんなどについての質問は多く来ております。今回はメソセラピー脂肪溶解ダイエットについてです。太もも痩せたい!実は夏までに、お腹痩せも、二の腕痩せも、下半身痩せも実現させたい!このような方におすすめです。

ドクターアンディーズクリニックの全身痩身脂肪溶解メソセラピーは、なぜ人気なのか?

•1回〜3回程度の施術で全身痩身、または部分痩身(顔、お腹、背中、二の腕、太もも、ふくらはぎなど)をしたい方
•普段忙しく、ダイエットなどになかなか時間を割くことができない方
•ダイエットをしてもリバウンドしてしまう方
•ダイエットをするとバストがサイズダウンしてしまう方
•日頃のストレスに対するライフスタイルの改善方法が分からない方
•自己流のダイエットで結果が出ず悩んでいる方
•膝関節の痛みのある方

年齢とともに増えてくる体の悩み。その中でも多いのが膝の痛みです。何十年も体を支え続けてきた膝なので、少し衰えてくるのは仕方のないことと思うかもしれません。 とはいえ、もし体重が平均よりオーバーしているなら、膝には体重以上の負担をかけていることをご存知ですか?

肥満は体重以上に負担をかけている

膝が痛む原因はさまざまです。靭帯が損傷していたり、軟骨がすり減っていたり。しかし、大きな原因は「過度の負担」です。実は、膝には日常生活のさまざまな行動によって、体重以上の負荷がかかっているのです。
歩いている時=体重の3倍
階段の昇り降り=体重の7倍
走っている時=体重の10倍
いちばん負荷の軽い、歩いている状態でも3倍程度の重さが膝にかかっています。つまり、太ってきて体重が増えると、その負荷は体重以上になるということです。 少し計算してみましょう。
60代の男性の平均体重は65kgです。仮に体重が75kgだとします。
その場合、
何もしていない時:10kgの負荷が増える
歩いている時:(75kg-65kg)×3=30 kgの負荷が増える
階段の昇り降り:(75kg-65kg)×7=70 kgの負荷が増える
走っている時:(75kg-65kg)×10=100 kgの負荷が増える
つまり、10kgの体重増加が、走っている時には、今までより100kg負担をかけていることになります。 膝にとってかなりの負担を与える肥満ですが、統計によると60歳以上の日本人男性のうち30%は肥満です。ですから、「膝が痛い」と悩む人は、まず体重をチェックしてみることをおすすめします。 病院でも肥満を指摘されている場合、早めに対策をとっておかなければ、70代80代になったときに膝の痛みがさらに悪化することにもなるのです。

食べ過ぎは、カロリーの取りすぎになる

健康的な食習慣として大切なのが、食べ過ぎないこと。実はからだにとって適した食べる量というのは「腹八分目」なのだそうです。つい、満腹で動けなくなるまで食べていませんか? 食べる量とともに気をつけたいのが料理に含まれるカロリーです。同じ量を食べてもカロリーが高いものばかりでは太る原因となるでしょう。例えば次のような食品には注意してください。
揚げ物、脂身の多い肉
甘いお菓子、缶コーヒー
米、パン、いも類などの炭水化物
こうした食品は少しでも高カロリーです。食べるときには、まず野菜類を食べてお腹をある程度膨らませてから食べるようにすると、食べ過ぎを防ぐことができます。 さらに、朝昼晩の食事だけでなく、間食をできるだけ減らすこともカロリーを摂り過ぎないためには大切です。

「早食い」「ながら食い」は食べ過ぎる原因

ご飯を食べ過ぎてしまう人の特徴は、「食べるスピードが早い」、「テレビを見ながら食べる」というものがあります。 食事で満腹感を得るためには、血糖値が上がり満腹中枢が刺激されなければなりません。そのために必要な時間は約15分。食べるスピードが早いほど、満腹になるまでの食べる量が増えてしまいます。 テレビを見ながら、仕事をしながら食べるという「ながら食い」も良くありません。食事の味があまりわからず、食べたという満足感が得られにくいのです。その結果、余計に食べてしまうおそれがあります。 食事の時間は食べることに集中し、ゆっくり味わって食べることを心がけましょう。

すぐに寝る場合は軽い食事を心がけて

食事の時間も太る原因になります。朝ごはんや昼ごはんは、摂取したカロリーをその後の活動で消費することができますが、夜ご飯は違います。特に、ご飯を食べてすぐに寝てしまうという生活スタイルを続けると、食事で摂ったエネルギーが消費されず脂肪に変わってしまうのです。 夜遅くに帰ってきて、その後食事をしてすぐに寝るという習慣を変えるには、仕事を調節しなければいけないので難しい人も多いでしょう。 では、食べる量を減らすのはいかがですか?魚や野菜を中心に、できるだけ脂分の少ないものを摂るように工夫してください。満腹になるまで食べると寝付きも悪くなるものです。すぐに寝る場合は軽めの食事を心がけましょう。 年齢を重ねると、運動量も減ってくるのでふだんの生活で消費するカロリーも少なくなります。若いころと同じように食べていては太るもと。肥満は膝の痛みをさらに悪化させることにもなるでしょう。健康的な食習慣を守り、痛みのない生活をぜひ目指してください。 膝が痛くなると、歩き方が悪くなりやすいものです。しかし、膝が伸びきっていたり、全身の姿勢が悪い歩き方は余計に痛みを悪化させる原因となります。痛いときだからこそ正しい姿勢を意識してみるのはいかがですか? 脂肪溶解メソセラピーについての詳しくはココから
スマートフォン
http://www.drandy.com/mesotherapy/index_s.html
PC
http://www.drandy.com/mesotherapy/


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP