ホーム > 新着情報 > コラム:手の甲の浮き出た血管は、硬化療法!

手の甲の浮き出た血管は、硬化療法!



ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。 様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。 医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、手の甲の浮き出た血管(ハンドベイン)硬化療法とメソセラピー脂肪溶解注射の専門クリニックです。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

そもそも、硬化療法は何の治療方法ですか?

硬化療法は血管内に硬化剤を入れ、血管を固め徐々に吸収させ、病的血管を消してしまう方法です。お薬はポリドカスクレロールというもので、もともとは麻酔薬として開発されたお薬でした。 針は32~34Gという細い針を使用しますので、予防接種などよりは痛くありません。通常は16~18Gですので、18Gで1.2mm、32Gで0.2mmと六分の一の細さです。世界最小の注射針です。 硬化療法で使う薬剤は、商品名ポリドカスクレロール(一般名ポリドカノール)というお薬です。静脈瘤の大きさに応じ、0.5%~10%という濃度を使用します。安全性も確認されています。今までに重篤な副作用もありません。基本的に皮膚から透けて見えるような、とても浅い位置にある血管に対してのみ注射しますので、全身に大きな副作用は起こしえません。あるとすれば、近くにある皮膚のしみ、色素沈着くらいです。しみは既にしみがたくさんあるようなしみ体質の方には、強く出る傾向があります。ですから、硬化療法は多少しみになってもいいので、ボコボコ血管を平らにしたいといった方にお勧めする治療法です。

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックの手の甲に浮き出た血管の硬化療法についてはここから
http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP