ホーム > 新着情報 > コラム:手の甲の血管が浮き出ていて気になる。人前で手を出すのをためらってしまう・・・

手の甲の血管が浮き出ていて気になる。人前で手を出すのをためらってしまう・・・



ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。
様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、手の甲の浮き出た血管(ハンドベイン)硬化療法とメソセラピー脂肪溶解注射の専門クリニックです。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。 手の甲の血管、腕の血管が浮き出ていて気になる。人前で手を出すのをためらってしまう。 日々診療を行っていると、このようなお悩みの方がたくさん来院されます。 ハンドベインとは、手の甲に皮膚表面に血管が浮き出た状態です。実際にハンドベインの症状が見受けられ、手の甲の浮き出た血管に悩みながらも、ハンドベインというものを知らずに悩み続けている方も数多くいます。

当院では硬化療法を行っていますが、ハンドベインにはいくつかの治療方法がございます。硬化療法と一緒に説明していきますね。

① 体外式レーザー
皮膚の上からレーザーを照射して手の血管を収縮させる治療です。

■メリット
処置後の圧迫が必要ないため、負担が少ない。

■デメリット
血管径の細い血管には効果があるが、太い血管には効果が出にくい可能性がある。

② 血管内レーザー
血管内にレーザーファイバーを挿入し、内側からレーザーを照射し血管を焼いて塞いでしまう治療です。

■メリット
・下肢静脈瘤での治療実績がある
・比較的長く、直線的な静脈に適している
・太い血管にも対応可能

■デメリット
・手の甲など枝分かれや蛇行している血管にはあまり向かない
・これまで目立っていなかった血管が目立つようになる可能性がある
・レーザーのエネルギーが強く、周りの組織にダメージを及ぼすことがある(神経障害など)、皮膚に潰瘍ができてしまうことがしばしばあります。
・多量の麻酔液を必要とする為、術後の腫れと痛みが数週続く
・タウンタイムは長く、日常生活に支障をきたす。

③ 硬化療法
浮き出ている血管に硬化剤を注射で注入し、血管を塞いで目立たなくさせる治療です。

■メリット
・細い針を刺して注射するだけなので負担が少なく安心
・治療時間が短い(両手で15分)
・太い血管にも対応可能
・下肢静脈瘤での治療実績がある
・痛みが殆どありません。
・手の固定期間が短い

■デメリット
血管が固まり一時的に、しこりになることがある(1ヶ月程度で消滅します)

当院で行っている硬化療法は正しい手術を行えば効果がとても高いのですが、非常に難しく執刀する医師により、効果の実感が変わってきます。当院では経験豊富な医師が担当する事とオリジナルの硬化剤を使用する事で、両手同時に治療可能です。

詳しくはここから
http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP