ホーム > 新着情報 > コラム:脂肪溶解メソセラピーの効果を高めるには、成長ホルモンが重要です。その1

脂肪溶解メソセラピーの効果を高めるには、成長ホルモンが重要です。その1


ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。
様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、手の甲の浮き出た血管(ハンドベイン)硬化療法とメソセラピー脂肪溶解注射の専門クリニックです。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。
今回は、脂肪溶解メソセラピーの効果を高める成長ホルモンについて、お勉強していきましょう!

■1.身長を伸ばす
これは一般的に最も知られている成長ホルモンの作用ではないでしょうか。幼児期から成長期にかけては、生涯の中でも成長ホルモンの分泌が特に活発に行われる時期です。 成長ホルモンはIGF-1(ソフトメジンC)という成長因子の分泌を促進して、骨端線という骨細胞の分裂や増殖を促し、身長や骨格が成長していきます。成長期が終わると、成長ホルモンは分泌量が減り始めます。また、ほとんどの場合、身長を伸ばす効果も成長期以降は失われます。つまり、身長を伸ばすには、成長期に多くの成長ホルモンを分泌させることが重要です。成長ホルモン以外に、身長を伸ばす作用のあるホルモンとして、主なものに甲状腺ホルモンやエストロゲンがあります。

■2.疲労や怪我からの回復
もう一つの重要な成長ホルモンの働きです。成長ホルモンには、疲労・破損した体組織を修復・再生する働きがあります。肉体を酷使した場合(つまり筋肉の疲労)や、身体に怪我を負った場合、成長ホルモンがその細胞や体組織に働いて、回復させます。激しい運動や筋トレをしたあとに、筋肉が修復されて大きくなるのもこうした成長ホルモンの働きによるものです。

■3.病気への抵抗力、生活習慣病の予防
成長ホルモンは、体組織の修復・再生をする働きがあるため、体を修復し、体力を回復させることで、身体の働きを正常に保ち、病原体(菌やウイルス)や病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。また、成長ホルモンの分泌が盛んな睡眠中は、同時に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌される時間でもあります。良質な睡眠を取ることは、メラトニンの抗酸化作用とNK細胞の活性作用なども相乗効果となり、免疫力の強化と生活習慣病の予防にも繋がります。

■4.美肌、アンチエイジング
成長ホルモンには、体の様々な組織の修復・再生をする働きがありますが、肌もその一つです。成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、血行を良くして肌の老廃物を取り除いたりしてくれるため、肌がスムーズにターンオーバーするためにも、美肌やアンチエイジング、シミやシワの防止のためにも、成長ホルモンの分泌は必要不可欠です。

■5.脂肪を分解する
太りやすさには日々の運動量や基礎代謝量も関係していますが、成長ホルモンの分泌量も大きく関係しています。成長ホルモンは、体組織の修復・維持をする際に、体脂肪を分解して血中に放出します。分解され血中に放出された脂肪は遊離脂肪酸と言われ、エネルギー源として利用されます。

■6.髪の毛の発育
成長ホルモンが再生させる体組織の一つとして、髪の毛も該当します。身体の各組織のうち、生命を維持する上で、より重要な役割を担っているのは、脳や内臓組織です。そのため、一般的にはそうした重要な組織ほど、成長ホルモンによって修復・再生されやすく、髪の毛や肌、爪などのは後回しになりやすい場所です。つまり、成長ホルモンの分泌が不足すれば、真っ先に影響を受けやすい部位でもあります。 抜け毛の原因は、遺伝や男性ホルモンの多寡、栄養不足や加齢など、様々な原因がありますが、成長ホルモンの不足も原因の一つと考えられています。

■7.血糖値の維持
成長ホルモンには血糖値が低下しすぎるのを防ぐ働きがあります。血糖値が一定値以下(60-65mg/dL以下)になると、それ以上低血糖状態が進行するのを防ぐため、成長ホルモンが分泌されて肝臓でのグリコーゲンの分解を促して、血糖値を上げるよう働きます。

メソセラピーの詳細はこちら
http://www.drandy.com/mesotherapy/




ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP