ホーム > 新着情報 > コラム:脂肪溶解メソセラピーの効果を高めるには、成長ホルモンが重要です。その3

脂肪溶解メソセラピーの効果を高めるには、成長ホルモンが重要です。その3


ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。
様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、手の甲の浮き出た血管(ハンドベイン)硬化療法とメソセラピー脂肪溶解注射の専門クリニックです。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。
成長ホルモンは幼児期から成長期に多く分泌され、成長期を過ぎると急激に分泌量が減少します。成長ホルモンの不足は「成長過程にある子ども」と「成長期以後の大人」では、意味合いが異なります。

成長ホルモンは、子どもだけでなく大人にも分泌されるホルモンですが、幼児期、成長期、成人後、中年、老年と、各年齢によって成長ホルモンの分泌量や働きは異なってきます。

▼子どもにとっての成長ホルモン不足
成長過程にあり、成長ホルモンの分泌が特に活発に行われるべき子どもたちにとっての成長ホルモンの不足は、正常な身体の発育の阻害に繋がります。
成長ホルモンの分泌異常で起こる疾患のひとつに、下垂体前葉の機能低下により成長ホルモンが分泌されにくく、身長の伸びが著しく遅くなる「成長ホルモン分泌不全性低身長症」があります。有名なサッカー選手のメッシもこの病気で幼少期は成長ホルモンを投与する治療を受けていました。 ▼大人にとっての成長ホルモン不足
大人にとっての成長ホルモンの不足は、一般的な概念で言うと、「老化しやすい」ということにつながります。 成長ホルモンは、成人以降は加齢共に減少していくことは自然なことですが、 成人にとっても体の様々な機能の維持に必要不可欠で、分泌量が減ることで、細胞の再生能力が低下して、記憶力、肌のハリ、髪の艶など、細胞の量が減っていくに従って心身の機能低下が起こります。また、成長ホルモンが減ると、筋肉が減少して基礎代謝量も減るので、肥満体質やメタボにもなりやすくなり、肥満や乱れた生活習慣が相まると、様々な生活習慣病(動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病など)にもかかりやすくなります。こうして成長ホルモンの不足は「老い」につながっていきます。

ドクターアンディーズクリニックでは成長ホルモンと神経伝達物質分泌を促す【GHRH】を販売しております。



メソセラピーの詳細はこちら
http://www.drandy.com/mesotherapy/


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP