ホーム > 新着情報 > コラム:何故、医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックのの脂肪溶解注射は優れているのか?その②

何故、医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックのの脂肪溶解注射は優れているのか?その②


ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。 様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

こんにちは。 ドクターアンディーズクリニックの澤本です。 今回はライポソニックスと脂肪溶解注射について比較していきます。

最近、良く聞く脂肪溶解メソセラピーの患者様の生声の一例!

A.H.さん 33歳 OL 「ドクターアンディーズクリニックの脂肪溶解注射の料金を初めて見たときに高いと思い、安い他のクリニックに通い始めたのですが、はじめは安かったのですが何回も治療に通うことになり、結果的に100万円近く治療費がかかってしまいました。おまけにあまり効果が出ず、アンディー先生に相談して,再度、ドクターアンディーズクリニックで、脂肪溶解注射を受けることにしました。ドクターアンディーズクリニックの料金は、表示している金額のこれ以上かからないという最大の料金が掲載されているので逆に良心的だと思いました。しかも施術が上手なので、はじめ通っていたクリニックよりも明らかに効果が出ました。はじめからアンディー先生の所にすればよかったと今では思います。また、通院期間中、無料で水素酸素吸入もサービスしてくれて、今考えると、大変得して感謝しています」

■ライポソニックス
身用医療機器で、皮下脂肪を破壊して排出する痩身法です。HIFUは、前立腺がんの治療にも活用されている最先端の医療技術で、狙いを定めた細胞をピンポイントに破壊することが可能とされています。ライポソニックスは、このHIFUの技術を応用し、2.5cm 以上の脂肪細胞に集中照射することで、表面の皮膚にダメージを与えることなく脂肪細胞膜を破壊します。照射するのは狙った皮下脂肪だけなので、皮膚などの上皮組織にダメージを与えません。 破壊された脂肪細胞は、マクロファージ(貪食細胞)によって消化されるなど、代謝によって時間をかけて消費されていきます。破壊されて体内に流れ出た脂肪が体外に出るまでは個人差がありますが、一般的には8~12週間かけて少しずつ排出されるといわれています。 特徴としては、お腹やお尻、太ももなど、脂肪の厚みがある部分痩せに効果を発揮し、パワフルに働きかけるため、セルライトの除去にも効果的といわれています。なので、脂肪にある程度の厚みがなければ施術を受けることができません。

■メリット
・リバウンドしにくい
ライポソニックスは、脂肪細胞を破壊してしまう治療で、脂肪細胞数が減少するので、個人差がありますが、基本的にはリバウンドはしないことが考えられます。 1度施術した箇所は、施術をしてない箇所に比べ太りにくくなると言われています。 ※細胞数が減っても、脂肪細胞そのものが大きくなってしまえば、結局体積は増える可能性はあります。

・他の治療と平行して行う必要がない
ライポソニックスと同じ様に、部分痩せを目的とした「スマートリポ」と呼ばれる治療法があります。スマートリポは、1回に吸引できる脂肪が少量なため、脂肪吸引と組み合わせて治療を行う必要がある施術です。しかし、ライポソニックスは、集中的に脂肪破壊することだけを目的としているのでほかの施術を混合する必要がありません。

■デメリット
・効果の即効性がない
脂肪吸引に比べると、痩身効果の確実性、即効性には劣ります。 ライポソニックスの効果は、施術後3週間が経過した頃から実感し始め、個人差がありますが施術から2か月~3カ月後に効果が出てきます。なので、脂肪吸引のように即効性のある効果が得られるのではなく、施術後、徐々に効果を実感してくる治療法となります。そのため、ライポソニックスは、即効性のある部分やせを希望する人には向いていない施術であるといえます。

・施術可能な部位、人が限られる
超音波の焦点が深さ1.3cmに焦点が設定されているため、皮下脂肪の厚さが2.5cm以下の場合には照射できません。そのため、顔(頬)や二の腕はできないケースが多いようです。皮下脂肪の少ない方にも適用できません。 また、妊娠中、授乳中、照射部位にヘルニアがある人は施術を受けることができません。

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックのの脂肪溶解注射

部分痩せしたい部位の脂肪に注射で薬を注入し脂肪をなくす、メスを使わない痩身施術です。 そのため、お腹や太ももなど痩せづらい下半身の部分痩せや、しつこいセルライトの解消などに効果があると言われています。 数年前までは「脂肪吸引」が主流でしたが、脂肪溶解注射は注射のみで施術できるため、比較的手軽な施術です。 脂肪溶解注射の薬液に含まれている成分は、大豆に含まれるタンパク質などを含んでいる成分で、脂肪細胞を液体化する作用があります。 液体状になった脂肪分は、血液を通って最終的には尿として排出されるという原理です。 また、一度液体化し排出された脂肪細胞は二度と増えないため、半永久的な部分痩せが可能なのです。

■メリット
1回にかかる施術時間は、おおよそ10分から30分程度と短時間です。 手術ではなく、注射を打つのみなので短時間で完了する事が出来ます。 痛みが軽い(施術中から長ければ2週間程度、筋肉痛のような重い痛みを感じることがあります。) 薬液を施術箇所にできる限り注入していく場合効果が高い。 施術効果を感じるのが速い。(3日~7日で実感する方がほとんど) 顔もできる

■デメリット
薬液が少ないと痩せにくい。 1回でも痩せ効果があるが何度か通うことで効果が出やすい。
ドクターアンディーズクリニックでは1度の薬液を多くし、特殊な薬剤と注射技術で、脂肪溶解注射のデメリットを解消しました。 また、効果が出やすい3回コースキャンペーンは用意しました。ドクターアンディーズクリニックでは顔の脂肪溶解注射も受け付けております。 全身脂肪溶解注射を受けられる患者様には、小顔脂肪溶解注射は一回無料サービスを提供します。


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP