ホーム > 新着情報 > コラム:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の優れた点とは

令和元年5月1日から、コロイドヨードは、新たにDr. Andyが院内で調剤する「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」に代わりました。当院のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法については、さらなる治療効率を独自に追求するため、当院オリジナルの処方により「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」を院内で調剤して患者様の治療に供することとしました。また、点滴に用いる製剤に関しては、必ず事前にエンドトキシンの検査を実施しております。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の優れた点とは


ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、31年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。 様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

癌の患者様からのDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療の問い合わせが増えております。

ドクターアンディーズクリニックのDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の効能について簡単に説明していきます。

多くのがん患者さん(ほとんどが末期)やその他の疾患の患者さんが、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療で改善が見られます。 また、これまでのがん治療にみられるデメリットとしての副作用が少ないのもDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療の優れた点と言えます。 最近では、より多くの医師がDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の効能に関心を抱き、医師、医療関係者による使用例も増え、がん、血管障害、その他の病状の治療に対し驚くべき回復結果を出しています。

■外科手術のデメリット
身体へのダメージが大きく、他の場所にもがん細胞があると再発の可能性がある
■化学療法のデメリット
単独では完治できず副作用を伴うことが多い
■放射線のデメリット
放射線が効きにくいタイプのがんもある

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療はがん細胞のみ攻撃するので副作用はあまりありません。 むしろ正常な細胞を活性化することで免疫力のアップにつながります。 他の薬と違いDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素への耐性がないので、ずっと続けられる治療です。 また、放射線治療とは違い数時間後には排出されるので体内での蓄積がありません。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は体内へ入ると、新陳代謝を著しく活性化し、免疫力を高め病原菌やウイルスを排除し、自然治癒力を引き出します。老化や炎症を起こした細胞、がん化した細胞をはじめ、活性酸素や有害物質を吸着し、体外へ出すとともに、正常細胞を活性化し、体の機能を効果的に高めます。 日本ではまだ無名で、耳にした事がある人は少ないかと思いますが、今世界各国で注目されている治療法です。

下記の病気の治療に使われています。
● 末期を含む各種がん
● 血管障害(脳・心臓など)
● 自己免疫性疾患・アレルギー疾患
● ウイルス性疾患(エイズを含む)・細菌感染
● てんかんなど脳疾患
● 糖尿病・肥満などの代謝低下
● 健康保持・維持管理

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の優れた点
●がん細胞に選択的に作用し、正常細胞を傷つけない(むしろ活性化)。
●副作用・副反応が少ない(ただし治療による反応はあります)。
●耐性や体内での蓄積性がない(大体2時間で尿から排泄されるため蓄積性がありません。そのため逆にがん治療では2時間毎1日7~8回の服用が必要になります)。
●抗がん剤など既存の治療とも併用できる。

治療による反応
● 発熱・体温上昇:0.5~1度上昇します。
● 皮膚の発疹:排毒反応の1種と考えています。比較的多く見られます。
● 病巣や転移リンパ節の痛み:がんが死滅してくると痛みが出ます。
● 腫瘍が融解を起こせば一時的な主要マーカーの急上昇が見られる場合があります。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の質問をまとめてみました。

よくある質問と回答
Q:多くの方が、1日30ml、2時間おきで8回の内服をしています。内服量を多くすれば早く治りますか?
A:身体が利用できるDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の量は、決まっています。多く服用したところで、無駄になってしまいます。「1日30ml、2時間おきで8回」がMAXと考えてください。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法の効果が現れるのは、平均どのくらいでしょうか?
A:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の効果は早い人で、自覚症状として2~3日です。もちろん個人差はあります。多くの場合、1ヶ月で何らかの変化を感じ取れると思います。血液データ、画像診断による変化は最低1ヶ月と思われます。 治療をスタートして3ヶ月で改善が見られない場合は、残念ながら効果はないものと考えられます。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法が特に強いがん、あるいは弱いがんはありますか?
A:一般的に述べるのは非常に難しいことですが、胃がん、肝臓がんなどに強いです。また、肺がん(特に腺がん)は最近、著効例が出てきています。膵臓がん、胆嚢・胆管がんは、劇的な効果を得たケースはあるものの、依然として難しいがんであることに変わりはありません。また、乳がんは前述のとおり、ケースバイケースであり、治療効果の差が激しいのが現状です。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の味はどのようなものですか?誰でも飲めますか?
A:美味しいとはいえません。渋いというか苦いというのが正しいでしょうか。抗がん剤治療の副作用で、味覚が変化している患者さんには、問題なく飲めるようです。今まで、飲めなかった方はいらっしゃいませんでした。飲みにくい場合は、水で薄めることをお勧めしています。水道水は、塩素が入っているためヨードと反応してしまい、ヨードの効果を弱めてしまいます。ヨード服用後、味のついたものを飲みたい場合は、最低5分ほど時間をあけてから飲むことをお勧めします。

Q:抗がん剤などの病院の治療と、サプリメントとの併用はできますか?
A:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は、他の治療法の邪魔をするものではありません。サプリメントも特に問題ないと考えています。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法は、一生続けるのですか?
A:そんなことはありません。がんが治ったらやめてよいです。ただし、がんになる前の生活を見直し、改善できる点は改善しましょう。 また、再発の可能性がないわけではありません。定期的に検査を受けるようにしてください。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、温熱療法、オゾン療法、フコイダン療法などを組み合わせることも多いようですが、併用すると効果が出るのは、どのような場合ですか?
A:各療法とも、がんを攻撃する作用機序が異なります。どうしなければいけないということは一切ありません。患者様とご相談し、納得できる治療法を決定したいと思います。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法ができないケースはありますか?
A:ヨードは甲状腺に取り込まれるため、甲状腺機能に異常がある場合は、慎重に使わなくてはなりません。甲状腺機能を正常化させる治療が優先されます。

Q:日本人はヨードをたくさん取っていると言われているが、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素を取り入れることで甲状腺の病気になるなど身体へのリスクはないか?また、ヨードの毒性をなくしたというのはどういうことか?
A:日本人は海藻などを好んで食べるため、ヨードを過剰に摂取しがちと言われています。ご質問にあったように、コロイド状にしたヨードを体内に取り入れることで甲状腺の病気になると言うことは考えにくいです。体内の蓄積性もなく、副作用も少ないので安全性が高い治療法と言えます。ヨードの毒性をなくしたというのは、ヨウ素はそのままだと身体への刺激が強すぎてしまうため、水素と結合させることで体内に安全に取り込める状態にする必要があり、その状態にしたものがDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素ということです。


https://soukiganhakken.jp/
https://soukiganhakken.jp/new/3061/


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP