ホーム > 新着情報 > コラム:手の甲の浮き出た血管についての再確認です。

手の甲の浮き出た血管についての再確認です。


ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。 様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

ドクターアンディーズクリニックでは手の血管治療には【硬化療法】を行っていますが、他にもいくつか治療方法があり質問されることがあるので、簡単に説明していきますね。

■体外式レーザー
皮膚の上からレーザーを照射して手の血管を収縮させる治療法です。皮膚の上からとは言え、使用するレーザーはヘモグロビンに吸収されやすい性質を持っており、皮膚に影響することはありません。注射を使わず圧迫の必要がないので気軽な反面、効果が薄いというデメリットも。元々、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう:足の静脈の弁が壊れて血液が血管内にたまる病気)の中でも蜘蛛の巣状の細かい症状への治療法だったため、太く浮き立った手の血管は適応外なことがあるようです。

■硬化療法
手の血管に硬化剤を注入し、血管を塞ぐという硬化療法。機能しなくなった血管は退化して消えていくというメカニズムで、太い血管にも有効とされています。静脈は目に見える一部の血管を塞いでも血流は保たれるので、その点は問題ありません。ただ、血管が固まって一時的に、しこりになることがあります。注射による処置のため、短時間で治療が終わります。また、他の血管が目立つようになるといった副作用もあるようです。治療後しばらくは、包帯やサポーターでの圧迫が必要となります。

■血管内レーザー
レーザーによるハンドベイン治療と言うと、今は血管内レーザーがメインで行われているよう。浮き出ている血管に細い針を刺し、内側から特殊なレーザーを照射して血管を収縮させる施術です。こちらも硬化療法と同じく、これまで目立っていなかった血管が浮き出るようになるリスクが否定できません。(ただ実際のところ、手の甲のように分岐が多く蛇行しているような血管には不向きです)。 血管を完全閉塞させずに目立たなくさせることができますが術者の技術が必要です。 術中は多量の麻酔を用いますので、術後に数日腫れが残ります。また、レーザーの出力が強すぎると、神経障害などを生じる危険があるので、その点は留意ください。
※ヒアルロン酸を血管周囲に注入して血管を目立たなくさせる治療法もあるようですが、ほとんどの場合その効果が乏しく、手全体が腫れる場合もあるため、一般的とはいえません。

ドクターアンディーズクリニックでは硬化療法の施術の特徴を説明しますね

ドクターアンディーズクリニックの硬化療法はレーザー治療とは違い、ダウンタイムがなく日常生活に支障をきたすこともありません。 手の甲の浮き出た血管の治療は、これまでレーザー療法が一般的でした。 完治までは数ヶ月ほどを要する治療でしたが、近年の優れた研究により、現在ではレーザー療法に頼る必要はなくなりました。 この新しい硬化療法は体へのダメージもなく、施術後の痛み、腫れはなく、期間も1~2週間と短くなっているのが特徴です。 以前の治療法よりも、更に安心・安全で確実な治療が行えます。

・高度な技術やオリジナル硬化剤で両手同時に治療可能。
・簡単な肌色の包帯で2~3日固定。1~2週間で血管は消えます。
・レーザーと違って、施術後の腫れと痛みはありません。
・ダウンタイムはないので、日常生活に支障を来しません。
・カウンセリング~施術~帰宅までは約80分。施術後、職場に戻ることは可能。
硬化療法はとても難しい技術で、経験が浅い医師だとまた元に戻る場合がありますが、ドクターアンディーズクリニックでは経験豊富な院長のみが担当しますので安心して受けられます。

ハンドベインで良くある質問を載せてみました。

Q腫れ、痛み、ダウンタイムはありますか?
A個人差がございます。多少の腫れと違和感を生じる方もいらっしゃいますが数日で治まる場合がほとんどです。

Q手の甲からつながって見える腕や手首の血管も治療できますか?
A手の甲に浮き出た血管を治療することで、血流によっては腕側の血管が目立たなくなる場合もあります。

Q足の甲の血管もできますか?
Aできます。お値段は手のお値段基本は変わりませんが、変更がある場合があります。

Q注射した血管はなくなるのですか?
A薬剤で血が通らなくなり、血管は見えなくなりますが消滅する物ではありません。

Q注射後に日常生活で気をつけることはありますか?
A通常の日常生活に支障をきたすことはありません。数日間、肌色の包帯での圧迫が必要となります。

Qスポーツは続けても大丈夫ですか?
A軽い運動であれば問題ありませんが、手に著しい負荷がかかる競技やテレーニング等はしばらく控えて頂きます。

Q手の血流に問題が生じることはありませんか?
A手には浮き出て見える表面以外にも深部に多くの血管と無数の微小血管がありますので血流に問題がおきることはありません。

Q一度治療した血管が再び浮き出たりすることはありませんか?
A一度硬化治療が完了した血管に再び血流が戻ることはありません。

Q血管以外にも手の甲のしみ、シワにも効果がありますか?
A硬化療法のみでは、シミ、シワの改善は難しいですが、当クリニックのハンドケア用プロダクツ(ハンドキュア、ハンドクリーム)の併用や、成長因子による注射などで改善することが可能です。

Q他の治療、投薬を受けていても硬化療法を受けられますか?
A医師の診察によりますが、お薬の種類や病状により硬化剤注射をお断りする場合があります。


http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP