ホーム > 新着情報 > コラム:慢性疼痛は幹幹細胞培養上清液による治療

慢性疼痛は幹幹細胞培養上清液による治療


ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。 様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

慢性疼痛は培養上清液治療が効果的です。

■慢性疼痛に関して

人は怪我や火傷、頭痛など様々な痛み(疼痛)を経験します。何らかの疾患を背景に持った疼痛も多くあり、中には原因となる疾患が治癒したのちにも続く疼痛もあります。 長期にわたる、治りづらい疼痛を慢性疼痛と呼びますが、日本人の4−5人に1人は慢性疼痛を持っているとも言われています。 その代表例の1つは腰背部痛(いわゆる腰痛)です。 慢性疼痛を抱えることによって、不安・抑うつ状態・行動意欲の低下・不眠などを引き起こし、症状を増悪・複雑化するとともに、日常生活動作や生活の質の著しい低下につながるとも言われています。 そのため慢性疼痛の緩和は強く望まれています。しかしながら疼痛のメカニズムの解明もされていないため、現状の治療法では十分な疼痛緩和が行えているとは言えません。

■培養上清液とは

細胞を培養するときに、作り出される培養上清液です。数百種類のタンパク質を含む成分を分泌します。分泌液の中にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれて、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするため、美容に対するさまざまな効果や慢性疼痛の緩和が期待される治療法です。

治療方法については詳しく


https://soukiganhakken.jp/new/4219/


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP