ホーム > 新着情報 > コラム:貴女の手の甲は40才,50才、60才、70才??

貴女の手の甲は40才,50才、60才、70才??



手の甲のシワの老化に伴う皮膚の変化は知っている?

1)皺(しわ)雛(wrinkle)は一般の人々,特に中年女性などの間で 大変関心がもたれているが,これまで皮膚科学,皮膚病 理組織学においてはほとんど取りあげられることがなかった.雛は顔や腕の日光照射部に生じる交差皺(criss-cross wrinkle)やカラスの足跡(crow’s feet) などの皺群と高齢者の非照射部位,特に腋窩,大 腿,腹部に生じる弛緩した皮膚とその表面に生じる沢山の細かなヒダとして現れる皺群はあります。前者が光加齢を,後者が本来の加齢を反映したものであるとしている.後者は病理学的に表皮下の線維が消失し,深部の線維がより粗くより絡み合うようになる結果,弛緩した皮膚を生じる.また,表面に現れる沢山の細かいヒダは表皮と真皮を結合させる縦に走る弾性線維が消失し, 表皮と真皮が密着しなくなり生じると説明される.

2)皮膚のたるみの場合は老人の皮膚は薄く,皮下脂肪が減少し,弾力性が低下 する.そのため緊張を欠き,皮膚にたるみ(laxity)が生 じてくる.これは加齢により徐々に進行し,皺の発生と ほぼ平行してみられる.特に露光部である顔では頬部, 上眼瞼部に顕著である3).非露光部皮膚においても体幹, 四肢近位側で次第にたるみが目立ってくる.

3)皮膚乾燥の場合は加齢に伴い皮膚の色調は黄色調となり,光沢がなく粗 造となる.また粃糠様鱗屑を伴い(老人性粃糠疹),乾燥 化が目立ってくる.このような変化は体幹,四肢,特に 下腿伸側で強く認められ,通常50歳頃より出現し,60歳 以上の年齢では95%に認められるという.しばしば掻痒 感を伴い,ときに皮脂欠乏生湿疹という臨床像を呈する こともある。

しかし、これらの症状は成長因子のあふれた幹幹細胞培養上清で、改善することが可能となりました。少量の幹培養上清を手の甲の皮内に注射することによって、改善されます。また、幹細胞培養上清が、他に有効とされている疾病については下記をご参考ください。
◆詳しくはこちら
https://soukiganhakken.jp/lp/baiyoujyousei

お問い合わせ&予約はこちらから
http://www.drandy.com/cgi-bin/contact_new/f.cgi


ご予約・ご質問・お問い合わせ

TEL:03-3401-0720 【月〜土】10:00〜19:00  ※日曜日は電話相談・予約のみ メール予約・お問い合わせはこちら

メール予約・お問い合わせはこちら


PAGE TOP